ベルタがシャンプーを発売とSNSで話題になっている

今年も冬の気配が近づいてきましたね…。寒さで空気も乾燥するようになると乾燥肌にも気をつけなければいけません。今年の冬は絶対に潤いのある肌にするためにとっておきたい栄養素があるんです!それは「亜鉛」です。私達の身体にはたった2グラム程度しか亜鉛はありませんが、お肌や髪の毛、爪などの健康を維持するのにとっても重要なんですよ^^亜鉛は牡蠣、レバーのほか普段食べ慣れている牛肉、たまご、チーズなどにも豊富に含有されているので毎日の食生活で手軽に取り込んでみてはいかがでしょうか?私がお肌のお手入れで重要だと思っているのは、最初につけた化粧水が馴染んでから次の乳液や美容液を使うということです。

洗顔してタオルで水気を拭き取った後、まず初めに化粧水を使います。

すぐさま美容液を使わずに、まずは先につけた化粧水が肌に吸収されるのを待ちます。
化粧水が肌に吸収されたように感じる事ができたら美容液を使います。
化粧水と同様に、美容液も肌につけてからしばらく待ちます。美容液がお肌に吸収されたように感じたら仕上げに夜用保湿クリームを塗ります。

急いでお手入れするよりも翌日の化粧乗りも良くなりますよ☆敏感肌のケアと年齢肌へのケアを同時に叶えてくれる化粧品が、アヤナスです。敏感肌は防衛機能が低下していてダメージを受けやすい状態になっています。
そんな状態で摩擦や紫外線といった外部刺激を受けると炎症反応が起こり、肌のハリやツヤを維持するコラーゲンが切断され、シワやたるみ、くすみを引き起こし、健やかな肌よりも老化が進んでいるように見えます。
アヤナスは特許取得の技術で弱ったお肌にバリアを作り、外部刺激からお肌を守ります。

通常のセラミドと比べて4倍もの浸透力をもつ「セラミドナノスフィア」が徹底保湿します。
フレグランスにもこだわっており、毎日疲れが溜まりがちな女性のココロと敏感肌を心地よく潤してくれます。

乾燥肌でお悩みの方に気をつけてほしい生活習慣、それは入浴です。お肌の美容のためには入浴することはメリットも多く大切な事ですが、誤った入浴方法では乾燥肌の起因になります。肌の乾燥防止の為に、入浴中にしてはならない3つの掟があります。①高い温度での入浴やシャワー、湯船に長時間入浴しないこと。

湯温は40度以下と温めにし、湯船に浸かる時間も20分までとします。次に洗顔や体を洗う際に強く擦ったり、洗ったりするのをやめましょう。

タオルなどでゴシゴシ擦っては肌を傷めます。洗顔料や石鹸は良く泡立ててから手のひらを使って優しく伸ばしながら洗うことがポイントです。

3.お風呂上がりは皮膚から水蒸気として水分が失われていく状態にあるので、早めに保湿ケアをしましょう。

一番効果が現れたと思うのは、顔の筋肉のストレッチとトレーニングです。
顔に現れた老いに対するエイジングケアには、弱ってしまった表情筋を鍛え直すことで、顔の皮膚にできてしまったシワも薄くなりツヤ肌に改善されたように感じます。

顔の一つ一つの筋肉を意識して行うことによって、特に効果がよく現れました。アンチエイジングはもっとも目につく顔や首まわりのシワを目立たなくすることが重要だと思います。

顔のトレーニングは、しわも薄くなり顔のたるみにも効果があります。特別な道具を必要としないので「そうだ!」と思い立ったらいつでも気軽にできるのが、このトレーニングの良いところですよね。

冬はもうすぐそこですね。

早いものです^^;冬の到来とともに気をつけなければならないのがお肌の潤い不足。今シーズンの乾燥肌を確実に防ぐために「亜鉛」は絶対に摂取すべき栄養素です!亜鉛は微量のミネラルを含みお肌や髪の毛、爪などの健康を維持するのにとっても重要なんですよ^^亜鉛は牡蠣やレバーの他に、牛肉やたまご、チーズといった手軽なものにもしっかりあるのでこの機会に普段の食事に取り入れてはいかがでしょうか?スキンケアは習慣として行っていますが、その中でも特に保湿は大事だと思っています。お風呂上りには真っ先に肌が化粧水をグングン吸い込むようにバシャバシャとつけていきます。

その後は欠かすことなく、化粧水で整えた肌に美容成分の入っている乳液を塗ることで肌から水分を逃しません。ずっと愛用しているのが、ヘチマ水です。良心的な価格帯なので気軽にパシャパシャできます。

顔から、首筋から胸元まではたきかけます。

お肌のトラブルはこのケアを続けるようになって以来、まったくありません。

妊娠線は一度できたら消えることがない!という話を聞いたことがあったので妊娠線ができないように妊娠初期から様々な事をしていました。妊娠線はお腹、太ももなどにできやすいので、ボディケアミルクやマッサージクリームを保湿目的でお風呂から出た後には必ず塗っていました。使用したボディクリームなどはマタニティ用の低刺激なものです。しっかりとケアしたので妊娠線はできませんでした今は産後3ヶ月になりますが、ずーっとお腹にはボディクリームを塗るようにしています。

30代になってから、目の下のシワやたるみが気になってきました。シワやたるみができた頃に妊娠、出産をしていたので、ホルモンバランスの関係があるのかもしれません。

目の下には複数の小ジワ、ちりめんじわも出来てしまってました。

解消に向けて目の体操をしたり、シワには夜の洗顔後のケアをしっかりと行うようにしました。

目の周りの筋トレは、ぐくっと大きく見開いた目をぎゅぎゅーっと瞑り、また見開くを繰り返し行います。

夜のスキンケアは、毎晩シートパックでお肌を潤わせた後、目の下には少しだけワセリンを塗って潤いを閉じ込めるようにしています。
スキンケアの習慣の中で常に気をつけているのは、何と言っても保湿です。お風呂上りには真っ先に化粧水をお顔にパシャパシャと、これでもかとなじませます。その後は必ず、美容液成分入りの乳液で蓋をするようにしています。

私が長年使用している化粧水が、ヘチマ水です。

何と言ってもその価格の安さからたっぷりと使っても気になりません。顔から、首筋から胸元まではたきかけます。この方法でスキンケアするようになってから肌トラブルを抱えたことはありません。