産まれてくる赤ちゃんに、優しい言葉をかけ続けてあげることの効果

16284201021_c04e6ac4b9_h
妊娠も35週目になると、妊娠後期も半ばを過ぎあと4週で赤ちゃんに会えるようになります。

また、妊娠初期から身体は妊娠を守るようコントロールされてきましたが、これからは出産に向けての準備へと少しずつ変化してくる期間になっていますそれだけに身体に無理をさせると早産になってしまうこともあるのです。

改めて思うに、妊娠とは奇跡のようなことなんだと思いました。
私には2人の子供がいるのですがどちらも望んですぐ授かることができ、自然妊娠でした。

このことは、決して当然のことではないと思っています。

妊娠から出産までの経緯は、もちろん人により異なりますが、私もつわりになり、また体質的なものだと言われていましたが、赤ちゃんがとても小さく、安静にしておかねばならず、毎日不安でした。
妊娠したらそれでよい、ではなく、何事も無く出産する日まで油断してはいけないと思っています。

妊娠中に注意しておくべきことはたくさんあります。一年を通してお腹を冷やさないこと、高いところの物や重い物を持ったりしないこと。適度な運動は良いが全力疾走しないこと、生活リズムを乱さないよう注意すること。

どれも妊娠中は誰もが注意されることだが、もう一点、私が何よりためになったと感じていることはこれである。産まれてくる赤ちゃんに、優しい言葉をかけ続けてあげること。

優しい言葉をかければ優しい子に育っていく、産んでからもこの言葉は忘れられない日々である大好きな人との間に子供ができるって幸せなことですよね。

妊娠がわかった瞬間すぐ旦那に言いましたしかしこの後おそってくるつわりが非常にしんどいものでした…。

私の場合、気持ち悪くて目覚め、トイレで嘔吐し少し朝ごはんを食べるとまた吐き気を催し、日中はベッドから動けず。夕方は主人の晩御飯を、何度も吐きながら調理し、必死の思いでつくりました。

ピーク時は全く作れませんでしたが…。しかしいずれ終わるものではあるので、赤ちゃんの為にも頑張ってやり過ごしましょう。

臨月に入ると、積極的に体を動かし、しっかり体力をつけて出産に臨みましょうと言われています。
例えばウォーキングをすることで血流をよくすると、むくみや妊娠中毒の予防につながります。

出産の際、妊婦はかなりのエネルギーを使うので体力をつけることも必須となります。しかし歩きすぎると人によっては破水や、お腹の張り等の症状が、強くなることもありますので、無理なく、ゆっくりリフレッシュできる程度にしましょう。
切迫早産だった私が妊娠中に気をつけた事は、体温を下げないことです。

夏の暑い日でも靴下を履いて、足首を触ってみて冷えているときはレッグウォーマーも付けました。当然、素足にサンダルは厳禁です。冬場にはカイロを腰に、そしてつま先にもカイロを使っていました。夏によく冷えた飲み物がどんなに飲みたくても常温の飲み物や、温めた飲み物を飲むようにしていました。

妊娠中というのは、とにかく太りやすいです。先日、旦那と二人きり最後の旅行に行き、久々にハメを外し、美味しいものも思いっきり食べました。

旅行から戻ると、出発前より3キロも増えていました。
わずか2日でここまで太るとは思っていませんでした。

妊娠する前は多少食べ過ぎても翌日少し抑えたら簡単に戻っていましたが、妊娠中はそうはいきません。
ご飯を食べなくても痩せないのです。

栄養を取りながら体重管理をするのは苦労しますが、赤ちゃんの為に頑張らなければなりません。

妊娠直後、つわりが重かったことと、重労働な職種でもあったので、退職することにしました。仕事を辞めるという選択を取る人も少なくないと思いますが、重労働、体の負担にならなければ仕事を続けてもいいと思います。

妊娠中は葉酸を取るためのサプリメントを補うようアドバイスを受けていたので飲んでいました。また貧血だったので処方された鉄剤に加えて鉄分を多く含む食べ物を摂るように心がけていました。
初妊娠をした喜びはとても大きく、仕事をすぐに退職しました。辞めたものの、毎日することがなく退屈な日々となりました。

仕方がなく友人と頻繁にランチに出て出費を増やしてしまい、体重の増えすぎを検診で指摘されてしまいました。
つわりもほとんど無く元気だったので、適度に働きながら妊娠ライフを満喫すればよかったと思います。切迫早産で入院すると、常に安静にする必要があります。

常時点滴をし、ごはん、シャワー、トイレといった最低限の動きを除くと常にベッドにいることになります。

この点滴は副作用があるウテメリンという薬で手が震えたり、動悸・息切れが出たりとしんどいものでした。

やがて体は慣れるのですが…。
入院している間は本当に暇なので、絵を描いたり、編み物や大人向けのパズルなどで暇をつぶしていました。